女性の薄毛の原因

薄毛と言えば、男性に多い悩みのように捉えられてきました。そのため、女性には関係のないことのように考えられてきた時代もありましたが、今では女性の薄毛も一般的に受け入れられるようになってきたのです。
女性の薄毛は、男性のものと全く原因が異なることで知られています。男性の場合、遺伝や男性ホルモンが大きく関連していると言われています。ですが、女性の場合、ホルモンバランスの影響や、生活環境などが関連していると考えられているのです。最も多い女性の薄毛の原因は、ホルモンバランスの乱れです。特に、40代以降の女性の多いのが特徴であり、その数は年々増加しています。40代以降になると、エストロゲンと呼ばれるホルモンが減少してきます。エストロゲンは、毛髪の成長の維持や発達に欠かせないホルモンです。ですが、年齢を重ねると同時に、エストロゲンの分泌は少なくなり、髪も痩せやすく抜けやすくなってくるのです。さらに、40代以降になると、家族や仕事のことでストレスが大きくなる傾向にあります。中でも、子供の教育や親の介護など、大きなストレスの原因になることが山積しやすい年齢でもあります。こうしたストレス過多の状態が続くと、頭皮の毛細血管が収縮しやすく、十分な栄養が毛髪に届かなくなってしまうのです。このような原因も薄毛を誘発し、より深刻な状態を引き起こしているのです。
以上の事柄から分かるように、女性特有の薄毛は、ホルモンバランスの乱れとストレスなどの影響があると考えられます。原因をきちんと見極めた上で、正しいケアを行うと薄毛は効果的に改善されます。

 

マイナチュレ

 

>>マイナチュレ育毛剤 公式HP

 

>>マイナチュレ シャンプー 公式HP