女性の薄毛の悩みについて(30代)

薄毛で悩む女性の多くは、40代以降に多いとされています。その背景あるのが、女性ホルモンの1種であるエストロゲンの不足にあります。エストロゲンは、髪の成長や維持に必要不可欠なホルモンと言われ、閉経が近づく頃に減少していくとされています。よって、閉経が近づく40代以降になると、薄毛や抜け毛に悩む人が増加しやすくなるとされているのです。
しかし近年、薄毛の悩みを持つ女性は、若年齢化していると言われています。中でも、30代で毛髪にトラブルを抱えている人が増え、その数も増加傾向にあるとされているのです。では、30代で起こる、薄毛の原因について紐解いてきます。

 

原因には、いくつもの要素が関連していると考えられています。中でも多くの人に見られるのが、カラーリングやパーマのしすぎです。現代の若い女性は、ファッションの一環として髪の色を自由に変化させます。短いスパンでカラーリングやパーマを繰り返す人も多く、それによって髪の毛だけでなく頭皮にも深刻なダメージを与えているのです。ダメージを受けた頭皮は硬くなりやすく、髪に十分な栄養が届けられなくなる要因となります。それによって、髪の毛が痩せやすく、薄毛を誘発させてしまうのです。また、誤ったケアも頭皮に強いダメージを与えます。シャンプーをきれいに洗い流さないことや、髪を十分に乾かさず、そのままにしておくことも薄毛の原因になってしまうのです。30代で起こる薄毛の悩みには、若い世代の人ならではの生活習慣が関連していることが分かっているのです。