女性の薄毛の悩みについて(40代)

加齢にともなう薄毛は男性ばかりではありません。男性ホルモンの分泌が盛んな男性と異なり、女性には薄毛に関するイメージが少ないかもしれませんが、じつは女性でも薄毛に悩んでいる人は多いのです。特に40代にさしかかるとツヤやコシがなくなったり、抜け毛が増えてくるなど毛髪に関する悩みを抱える人が増えてきます。薄毛は放置していても改善するものではありませんので、早期に対策を立てることが重要になります。

 

薄毛対策としては育毛剤や育毛シャンプーの使用、頭皮環境の改善、生活習慣、食生活の改善などがあります。これらの対策は当然ながら必要なものですが、それでも効果が現れにくい場合は医療機関を受診するということも一つの選択肢です。医療機関での薄毛治療といえば男性が受けるものというイメージが強いのですが、じつは女性専門の薄毛治療を実施しているところも増えているのです。女性の場合は男性のようにAGA、男性型脱毛症が原因ではありませんが、その他のことが原因で抜け毛が増えている可能性があるのです。ですから女性が医療機関で治療することには意味があります。専門医の診断を受けることで事態の悪化を防ぎ、毛髪の改善を図ることができるかもしれないのです。

 

このように毛髪の悩みを抱える女性には、育毛関連用品の使用だけでなく、医療機関を受診してみるという選択肢があります。どのような手段を試しても効果がない人は、専門の医療機関に相談してみましょう。